ホーム > トップページ > Javaエンジニアのお仕事

Javaエンジニアのお仕事

投稿日 : 2019年11月17日
カテゴリー : エンジニア
Javaエンジニアのお仕事の画像

読者のみなさま、こんにちは。イッシーです。
WordPressの「有料テーマ」を購入したことによって、Web制作やブログ発信に興味が湧いてきました。
今回は、Javaエンジニアの仕事を簡単にご紹介できればと思います。
筆者の経歴はこちらから見れます。

Javaエンジニアはどんな働き方?

先にいっておきますが、筆者の知っている範囲での記載内容になります。参考程度にしていいただければと思います。

一番多いのは「客先常駐」という働き方で準委任契約という形での働き方です。
「正社員」「契約社員」「フリーランス」色々と雇用形態はあります。
「正社員」で客先常駐すると、会社に所属している意味をあまり感じなくなるのと、会社の利益が優先になるので仕事が選べないことが残念なところです。業務経験を積めるという点では優れていると思います。
その反面、「フリーランス」で働くと客先常駐するだけでよくなるので仕事量が減り、仕事内容も選べますが、孤独でつまらないのが残念なところです。
それぞれ、いいところわるいところがあるということですね。
私は、「正社員」「フリーランス」の両方を経験していますが、今は働く条件を選べるところから「フリーランス」で働いています。

客先常駐での仕事内容 環境構築編

入場日初日〜3日目くらいをかけて、PCのセットアップと開発環境構築を行います。安心できるのは、手順書がしっかりしてるので大概は自力で解決できます。手順で不明なところがあれば有識者がいるので気軽に質問しましょう。
サポートがないようなところはあまり良い環境とは言えないので即座に相談するべきだと思います。

客先常駐での仕事内容 開発手法スケジュール編

常駐する企業様によって仕事内容はまちまちですが、開発手法はだいたい「ウォーターフォール開発」になります。

1日の仕事スケジュールは「WBS」で引かれていることがほとんどなので、「WBS」を確認してどんな仕事が割り振られているかを確認します。
割り振られている仕事が数日単位で区切られているので、終わらなければ終わらない理由を添えて報告、終われば定時に帰れるということを随時していきます。

フェーズによって仕事内容は変わってくるので、簡単にご紹介いたします。
要件定義はほとんどやることないのですっ飛ばします。

客先常駐での仕事内容 設計編

・基本設計
画面設計がほとんどです。エクセルとかに画面キャプチャを貼って、どんなことができる機能なのか?というのを落とし込んでいきます。業務知識が必要になるので、どんな業務かを意識する必要があります。

・詳細設計
ロジックを書いていく感じです。処理フローとかプログラム設計に近いことをやっていきます。実装イメージがついていないとなかなか書くのがしんどいです。
Javaで書くところしか詳細設計書に書かないところが多いので、フロント側(javascript)はなぜ書かないのかが不思議で仕方ないですね。。。

客先常駐での仕事内容 開発編

・開発
設計書に書かれていることをそのままコーディングしていきます。
コーディングしたらソースレビューをしてもらいます。
開発フェーズまでこないとプログラムコードに触れないので、ずっとコードを書きたいという方は「ウォーターフォール開発」が向いていないかと思います。

・単体テスト
詳細設計書に書かれていることを網羅したテストパターンをエクセルかテストコードを使用して書いていきます。テストコードは「Junit」が鉄板でしょう。
人力でテストをする場合はテストパターン書をエクセルとかで作成していく感じになります。簡単に言えば、「書いたプログラムコードが正しい動きをしているか?」を確認する作業になります。

客先常駐での仕事内容 テスト編

・結合テスト
フロント(画面)とバックエンド(Java)がちゃんと動くかを確認する作業になります。画面操作パターンを網羅してちゃんと動くかを確認していきます。
なぜか知らないですが、人力確認でしかやったことないです。IEがメインなところだとVBAで自動化を作ったりします。
テストパターン書をエクセルかなんかで作っていく感じになります。

・システムテスト(受け入れテスト)
実際に使用される本番データを使用して、実際に行われる業務操作テストを行っていきます。開発者側、ユーザ側の両者がテストします。

最後に

ここまでが、客先常駐で「ウォーターフォール開発」の場合の働き方になります。イメージは少しついてきましたか???
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。