メニュー

囲碁経験談① 始めたきっかけ~

2020 3/24
囲碁経験談① 始めたきっかけ~

読者のみなさま、こんにちは。イッシーです。
筆者がどんな囲碁人生を歩んできたかは知らない方が大半だと思うので、何回かに分けて書いていきたいと思います。

目次

小学校3年生の時に友人に誘われる

東京某市内では児童館の館長と地域センターで囲碁教室を開いていました。
そこに友人がいち早く通っていたので、誘われて囲碁に触れたのが最初でした。
よくアニメで有名な「ヒカルの碁」がきっかけで囲碁を始めたという方が多くいらっしゃいますが、私はちょっと手前から囲碁に触れる機会がありました。
結局は「ヒカルの碁」をきっかけにプロの道へ向けての努力が始まるわけですが・・・・笑

珍しく身近に「囲碁」があったから始めただけ

趣味や特技というのは育った環境に応じて手を出す分野が人それぞれだと私は思っています。その中でたまたま「囲碁」に出会えただけに過ぎないと思っていて、必ずやるべきだよ!というのは「囲碁」を始めて20年が過ぎましたが、一度も思ったことがありません。ただ、面白いことには変わりはないので、「一度は触れてはみませんか?」とは思います。性別、年齢差関係なく真剣勝負できるのはなかなかありませんから。

まとめ

誘われなければ絶対にやらなかった「囲碁」に出会えたことに感謝。
やってみないと面白いかつまらないかもわからない中で触れる機会があったのは私にとって大きかったと思います。

この記事を書いた人

目次
閉じる