メニュー

WordPressテーマを使用してカスタマイズするときのポイント

2020 5/07
WordPressテーマを使用してカスタマイズするときのポイント

みなさま、こんにちは。イッシーです。
今回は、題名の通り、WordPressテーマをカスタマイズするときのポイント整理になります。あくまで自分用のまとめなのでご参考程度にお読みいただければと思います。

目次

WordPressの機能、本当に使用する?

WordPressでは「デフォルト機能」「プラグイン機能」様々なものがあります。
ですが、カスタマイズすることにフォーカスをあてすぎると本当にこの機能使用するんだっけ?という現象が発生しがちなので一度整理してみると良いです。
例:ブログ機能は実は使用しない・・・・・

フルカスタマイズ?部分カスタマイズ?

フルカスタマイズする場合は、デザインやコーディングについてはほとんどフルスクラッチだと思いますので、どのテーマを使用しても変わりないと思います。
ですが、テーマの機能を駆使してカスタマイズしたときは有料テーマ購入だけでおさまったりするので要検討が必要だと思います。

親テーマで編集するより子テーマを作成し編集する

修正前、修正後で差分を確認するためにも子テーマを作成して作ったほうが良さそうでした。差分を確認するときはテーマ切り替えるだけでできるのですぐ確認できて良いですね。

子テーマ作成方法

・親テーマと同じ階層に任意のディレクトリ名をつけて作成する。
・親テーマから「header.php」「footer.php」「style.css」「functions.php」「single.php」「page.php」「content.php」を作成したディレクトリにコピーする。
 →必要最小限であれば、「functions.php」「style.css」だけあれば作成できます。
「style.css」にテンプレート名を記載すればそれだけで作成できたような、、、(失念してしまいましたので調べてみてください!)

ファイルの役割

ざっくり以下な感じです。触ってみたほうが理解しやすいと思いますので、触り通したほうが良いと思いました。
・「functions.php」は設定
・「header.php」はヘッダー用
・「footer.php」はフッター用
・「content.php」は投稿ページ、固定ページ用 → 今回は未使用
・「single.php」は投稿ページ用
・「page.php」は固定ページ用

WordPressを実際に使用して便利な点

共通化がしやすい
htmlだけだと、ヘッダーメニュー、フッターメニューを複数回、コーディングしないといけないですが、WordPressだと、「header.php」「footer.php」にコーディングして使いまわしができます

他テーマとの比較が簡単にできる
ホームページをリニューアルするとき

最後に

WordPressを使いこなせるようになったわけではないですが、自分が思ったようにはカスタマイズができるようになってきたので、お客様ベースでカスタマイズができるように精進していきたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

目次
閉じる