メニュー

Mavenを使用してFlywayを導入する

2020 5/07
Mavenを使用してFlywayを導入する

読者のみなさま、こんにちは。
イッシーです。
今回はJava開発でマイグレーション管理ができるFlywayを導入する記事になります。

目次

前提知識

Mavenコマンドを自環境で使用できること(Flywayコマンドを使用するため)
データベース操作がなんとなーくできる

pom.xmlにFlywayを追加する

pom.xmlの一部分になりますが、Flywayを追加します。
pom.xmlの全体を参照したいという方はGithubに挙げているのでご参考までに。

<!-- Flyway   -->
<dependency>
      <groupId>org.flywaydb</groupId>
      <artifactId>flyway-core</artifactId>
      <version>6.3.2</version>
</dependency>

データベース操作するためのDDL文を作成する

FlywayでSQLファイル命名規則があるので・・・・以下の記事を参考にすると解決します。
https://qiita.com/opengl-8080/items/6368c19a06521b65a655
V<Version>__<Description>.sqlで作成します。

Flywayでmigrate

ここまでできたら準備完了なので、mvnコマンドを使用してmigrateを行います。
Mavenプロジェクト直下に移動してmvn flyway:migrateコマンドを実行します。

イメージ図みたいに成功すればOKなので、SQLが実行されているかをDBで確認取れれば終了です。
お疲れ様でした!

この記事を書いた人

目次
閉じる