メニュー

gradleプロジェクトを作成してみた

2020 5/18
gradleプロジェクトを作成してみた

読者のみなさま、こんにちは。
イッシーです。
近頃はMavenがつらくなってきたのでビルドツールの1つである「gradle」を使用してみました。

目次

前提

gradleを事前に公式サイトからダウンロードを行い、環境変数の設定を。Windowsではおなじみの作業になります。

何はともあれ、プロジェクト作成

ローカルの任意なところで「gradle init」コマンドを実行します。
今回は、Javaアプリケーションで作成しました。

Mavenとの違い(使用感)

  • Mavenはpom.xmlにライブラリを設定するのに対して、Gradleはbuild.gradleに記載していく
  • Mavenはプロジェクト更新時のエラー特定が難しいのに対して、gradleはどこでエラーになっているかが明示的になっておりわかりやすい。
  • Mavenはxmlなので入れ子のタグが見づらいのに対して、gradleはプログラムなのでインデントや括弧記載がjavaと大差ないので読みやすい」

Gradleのここがすごい

  • Mavenのプロジェクト構成を踏襲しつつ、スクリプトで書けることにしたことによって、ライブラリ管理やビルド記載が明確になった

次回はgradleを使用してSpringBoot環境構築をしてみるを記載する予定です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる