メニュー

#5 囲碁の知識を必要な分だけ増やしていくコツ

2020 10/19
#5 囲碁の知識を必要な分だけ増やしていくコツ

読者のみなさま、こんにちは。
イッシーです。
知識を増やすコツについてになります。

目次

必要な知識とは何か

知識の前に、囲碁の対局の流れを整理しましょう。
「序盤」「中盤」「終盤」と分かれており、
 序盤・・・・布石
 中盤・・・・戦い
 終盤・・・・ヨセ
 整地・・・・陣地を数えて多いほうが勝ち
といった流れになっています。

その中で必要な知識がそれぞれ分かれているのです。
布石に必要な知識、中盤に必要な知識、、、、etcになっています。
自分が今どの知識が必要かを理解することが大切になります。

知識が足りないと自覚する方法

棋力が近い人とたくさん対局することです。
ハンデなしの対局で自分が今どの程度通用しているのかを感じるのが良いです。
格上と対局を続けても良いとは思いますが、全体的に知識不足がエンドレスで続いていくので、特に足りないところはここだ!と感じやすいのは棋力が近い人と互先で打つことだと思います。

次回は、、、自分好みの碁を理解する

次回は自分好みの碁を理解するについて書きたいと思います。
概要だけ触れておくと、自分の理想碁を実現するための準備になります。
次回もお楽しみに。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる