メニュー

自分好みの碁を理解する

2020 10/10
自分好みの碁を理解する

読者のみなさま、こんにちは。
イッシーです。
今回は囲碁ネタになります。

目次

自分好みの碁を理解するとは

囲碁には戦術がたくさんあります。
 ・実利を先行して逃げ切る
 ・石を攻めて取りに行く
 ・模様を張ってじっくり待ち構える
 ・厚みを抱えて、中盤以降のチャンスを伺う

まとめるとこんな感じです。
 ・実利(先行逃げ切り)
 ・石を取る(攻め)
 ・石を攻めながらチャンスを伺う(中盤追い上げ)
これを「棋風」と言います。

プロ棋士の碁を並べてみる

「棋風」のイメージがつきづらい方はプロ棋士の碁を並べてみると良いでしょう。
並べていくうち、、、
 ・この棋士の打ち方が好きかも。
 ・こういう発想なかった
といった、新しい発見ができると思います。
まずはプロ棋士の打ち方を真似て見てから自分もこの打ち方を目指そうといった目標を立てると良いと思います。

好みが理解できたら知識を高めていくだけ

ここまでくれば、好き勝手に学んでいくだけです。
・攻めが強くなりたければ手筋
・実利先行型であれば布石や終盤
好きな分野の知識を高めていけば棋力向上に大きく貢献すると考えています。
好きな分野=得意分野にすることで、他の人には負けない物が手に入り自信につながると思います。

次回は、、、

プロ棋士の碁を並べてみるという話が出てきたので、棋譜並べのポイントについて書きたいと思います。
次回もお楽しみに。


この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる